転職先の面接を受けるときの服装

転職先の面接を受けるときの服装

今働いている職場を辞めて、転職をするときには、働きたい会社の面接を受けます。面接のときには、履歴書や、職務経歴書などが必要になるので、前日までには用意しておきましょう。履歴書に写真を貼りますが、写真は普段着ではなく、スーツを着て撮るようにしましょう。履歴書と職務経歴書は、封筒に入れてカバンにしまいます。面接当日の日は、スーツ着用が一般的です。スーツで一番大事なのは清潔感です。スーツにシワや汚れがあると、不潔に見えてしまいます。そのため、スーツはクリーニングに出しておくといいです。

スーツの色は黒か紺、グレーなどのダークな色を選びましょう。シャツの色は、白か薄いピンクやブルーなどにします。シャツにも綺麗にアイロンをかけておきます。シャツの襟や袖に汚れがないか確認しておきます。そして、ネクタイを締めます。ネクタイの色に特に決まりはないですが、ストライプやチェックなどのシンプルなデザインを選ぶようにします。靴下や靴も黒を選びましょう。バッグもスーツに合わせて、黒の皮がいいです。しかし、皮のバッグがなければナイロン製のものでもいいです。しかし、普段私服で持つようなリュックや、トートバッグはやめておきましょう。

就職・転職・求人に関するお気に入りサイト♪

Copyright (C)2016転職先の面接を受けるときの服装.All rights reserved.